blog001
ふつう、
疑うことは良くないように言われます。

人を疑ってはいけません。
物事を疑ってはいけません。
信じましょう、と。

でも、

本当に疑ってはいけないのでしょうか?

疑わないようにすることが
良いことなんでしょうか?

疑うことをせずにずっと利用していたものが
実は全く、もしくはほとんど効果のないもの
だとしたら・・・

疑うことをせずにずっといた環境が
実は抵抗することをしなくなるように
仕組まれた環境だとしたら・・・

本当は不幸なことなのに
幸せなことだと思い込まされていたら・・・

せっかくの可能性を生かさずに
死んでしまったら・・・

もっと、疑う心を持ってもいい。
当たり前、常識、一般的、通常、普通、など

このような概念に相当するものごとに
もっと疑問を持ってもいい。

本当に今のままでいいのか?と

ほんの少し勇気をだして
それができると、

生かされていなかった
可能性に気づく。

今までできないと思っていたことができる。

体や心が持つ本来の心地よさに気づく。
自由に動ける。元気に働ける。
遠くまで旅行にでかけられる。
家族と楽しい思い出をつくる。など

やりたいと思っていたことが
実現する。実際にできる。

そんな気がしています。